掲示板

[anspress]

相談室について((仮称)生活・人生情報センターを目指して)

生き方、人生は人の数だけあります。一つだって同じ人生はありません。それは生活の環境が一人ひとり異なるからです。同じように、悩みも、一人ひとり異なっています。
私達は、悩みがあるときに、参考になる可能性が高いと理由で同じような経験をした人から情報を得ようとすることがよくあります。これは、人類の祖先が発達させた集団生活のメリットなのだろうと思われます。現代ではさらに集団の規模が人類の祖先の時代と比べ圧倒的に大きくなっておりますので、自身の生き方や悩みに近い条件で既に経験されたケースがいくつも見つかり、より良い対処法に辿り着くかもしれません。
このためにインターネットが作る情報空間で、同じような経験に基づく情報が獲得できる仕組みを提供するサービスは数多く見受けられます。しかし、この空間は、実世界とは異なり姿が見えません、五感で感じることも出来ません。なかには、頭でっかちの情報、たとえば一歩通行の議論になってしまい、決めつけたり、けなしたりすることになってしまっているケースが数多く見受けられます。
情報空間の中での人と人のコミュニケーション問題、その情報の蓄積と活用問題、そしてメリット分配問題(経済的メリットが投稿者に分配されない問題)などがあるようです。
ファミリー・ルネッサンスは、カテゴリーを定め、投稿者(情報提供依頼者)が自身のなかでゆっくりと、じっくりと情報空間と実世界を行き交いしながら、情報をやり取りし、頭で考える「言語ロジックによる検討」と心で考える「共感・共鳴」の双方を大事にして、ご自身が納得がいく対処法が得られるようにすることを基本にしたいと思います。
ファミリー・ルネッサンスは、また、家族間相互作用という心身のメンテンスに刺激を与えることを提起していますが、実はそれら刺激についてどの程度の質で、どの程度の量であればよいのかということは明らかにしておりません。科学的根拠に基づく議論が見つからないから言えないのです。そこで、経験を集めて、具体例として集積・公開したいと考えています。このために家族間相互作用カテゴリーを設定しますので、投稿をお願いしたいと思います。
大きなカテゴリーを、人生の大きな変わり目(人生の節目)、生活コストの効率化、生活の収益(生活収入)の効率化、家族間相互作用、などを用意する計画で、段階的に行っていきます。

情報提供依頼者、情報提供者、事務局

・情報提供依頼者はタイトル(テーマ)を掲げ情報提供依頼を公開する
・情報提供者は経験に基づく情報を提供する
・(情報提供依頼者がそれら提供された情報を受けとめ)情報提供依頼者ご自身の考えをご自身が整理
・さらに情報が欲しい時は、情報提供依頼者は追加情報を公開する
・情報提供依頼者はご自身の受けとめ、お考えを報告を公開し、情報提供者への協力お礼のメッセージとする
・事務局は、上記報告とやりとりを編集し、一つの記事に編集、保管・活用に供し、ファミリー・ルネッサンスの情報財産とします。
※編集された記事に広告を募り、広告料入金の一部を依頼者、提供者(記事記載の方限定)への謝礼に充てることを検討しています。アイディア等をご提案戴ければと思います。